プライベートバンクとは(一般銀行との違い)

プライベートバンクの主な業務は、富裕層の資産管理や資産運用です。

資産管理の面では、ご家族や資産などの様々な状況に応じた「事業継承、国際税務、法務」などの問題解決を専門家と共におこなうことが多くあります。

資産運用の面では、プロの視点からの投資アドバイスはもちろんのこと、投資家の希望(リスクレベル)に沿った運用商品を案内したり、テーラーメードで商品の組成をおこないます。また、一般市場には出回らない魅力的な投資商品をプライベートバンクが独自に扱うこともあります。

また、一般的な銀行の口座開設は、誰もが比較的容易にできますが、プライベートバンクの場合は過去や現在の資産構築方法などについて、お客様への個人的なインタビューを含めて口座審査がおこなわれますので、ご理解が必要です。

プライベートバンクの最低預入金額は、プライベートバンク毎に異なりますが、約一億円(100万米ドル)~10億円(1000万米ドル)以上を目安としてお考えください。

当社の元プライベートバンカーがお客様の希望に合わせてプライベートバンクをご案内致します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
プライベートバンクでの良くある質問(FAQ)
プライベートバンク お申し込み・お問合せ
メールアドレス