プライベートバンクの紹介
当社が

プライベートバンク

に強い理由
  • 最大の強みは、当社スタッフがプライベートバンク出身。
  • 信頼できるプライベートバンクのみ、要望に応じて案内できる。
  • 日本人の担当者をご紹介するため、言語の心配は一切不要
  • 香港居住の際は、住宅、事業立ち上げなどをフルサポート

プライベートバンクと一般的な銀行とは違い

プライベートバンクとは、スイスのプライベートバンカー協会に加盟している銀行を指す場合がありますが、当社ではプライベートバンキングサービスを提供している銀行を総称して、プライベートバンクと記載します。

一般的な銀行の口座開設は、比較的容易に開設できますが、プライベートバンクの場合は資産構築方法や預入金額などの審査があります。プライベートバンクの最低預入金額は、お客様の資産状況や各銀行の規模や戦略により変わりますが、約1億円~10億円以上とお考えください。資産運用や資産管理においても、お客様毎に運用商品を組成したり、一任勘定で資産運用をおこなう場合が多いです。また、家族や資産状況に合わせた「事業承継、国際間税務、法務」などの問題解決や提案を、専門家とともに行うことも一般的な銀行との大きな違いです。

香港のプライベートバンクの優位性

香港は富裕者数の人口比率が世界一であり、国際金融都市として金融の自由化も進んでいる地域です。
世界中の投資商品が揃い、富裕者を対象としたサービスや情報なども多いことからアジアで最もプライベートバンクが発達している地域の一つとなります。また、低税率税制(タックスヘイブン)、不動産や株式の譲渡益課税・贈与税・相続税なども無いことから、世界中の資産家が居住をして資産運用を行っていることでも有名です。日本から最も近い低率税制地域であることに加え、香港のプライベートバンクからスイス支店の口座開設や管理ができることも大きな利点と言えます。

プライベートバンクのサービス内容

プライベートバンクの紹介 無 料
プライベートバンクの業務 資産運用、資産管理など銀行業務全般
※税理士や弁護士などを通じ、税務やM&Aなどの助言サポートも有。

ご紹介する銀行の特徴

ご要望内容に応じて、日本人が活躍する香港のプライベートバンクをご紹介します。
香港以外でもシンガポール在住のプライベートバンカーを紹介することもできます。
プライベートバンク

スイスのプライベートバンク

大手のUBSやクレディ・スイスを始め、ジュリアスベア(旧バンクオブアメリカ、メルリリンチ)やスイスプライベートバンカー協会の加盟銀行であるピクテなどが香港で活躍していています。名門銀行が多いため、最低預入金額も相対的に高くなっています。
プライベートバンク

大手のプライベートバンク

日本人向けに業務を行っているプライベートバンクは少なくなりつつありますが、ドイツ銀行、HSBC銀行などは日本人が在籍しサービスを行っています。
プライベートバンク

中堅プライベートバンク

日本人が在籍しているプライベートバンクとして、スイスのEFG、ルクセンブルグのBIL(シンガポール支店)、LGTリヒテンシュタイン銀行などがあります。資産運用に特化している場合も多いため、最低預入額が若干低めとなっています。

プライベートバンク紹介の流れ

お問合せ
プライベートバンクは
当社にお任せください。
arrow
お客様対応
香港BSアドバイザーが
詳細内容を確認します。
arrow
実行(支払い)
複数のプライベートバンクの中からお客様と検討。
arrow
完了
プライベートバンクへ案内
(複数銀行への案内も可)
プライベートバンクの詳細情報とFAQ お申し込み・お問合せ
メールアドレス