テレビCM(タイム・スポット)

香港の地上波テレビは、電視廣播有限公司が提供する「無綫電視、TVB」の2チャンネルと、亞洲電視有限公司が提供する「亞州電視、ATV」の2チャンネル、合わせて4チャンネルとなります。

日本に比べてチャネル数が少ないことから、広告戦略は日本以上に立てやすく、香港居住者の多くにリーチをかけた広告戦略を打ち出すことが出来ます。また、日本と同様、テレビ媒体に露出をおこなうことで商品やブランドや企業の信頼性も獲得できます。

なお、上記テレビ媒体ではWEBでの再視聴も可能であるため、WEB向けに広告を出すこともできます。

テレビCMの種類について

テレビCMの種類は日本と同様「タイムCM」と「スポットCM」に分かれます。

タイムCMとは

タイムCMとは、番組内、番組CM枠、番組と番組の境目のCM枠でCMを流す手法のことを言います。

タイムCMの代表的なメリットは以下となります。

・番組がヒットすることでより多くの視聴者にアプローチできる。
・視聴者の属性を掴むことで、ターゲット層に向けたアプローチができる。
・スポットCMに比べ、時間の長いCMを打ち出すことができる。

・競合他社が同番組内でCMを打ち出すことができない。

また、タイムCMのデメリットは、番組の視聴率が悪い場合、多くの視聴者にアプローチできないこと、契約期間が長くなることがあげられます。

スポットCMとは

スポットCMとは、番組に関係なくテレビ局側が指定するCM枠でCMを流す手法のことを言います。

スポットCMの代表的なメリットは以下となります。

・短期間でのCM配信や、時間指定などが比較的自由。

・CM配信が分散されるため、タイムCMよりも番組視聴率が影響しない。

また、スポットCMのデメリットは、タイムCMに比べてターゲットを絞った配信が難しい、CM時間が短い(15秒)などがあげられます。

その他、テレビ広告

制作会社の企画にマッチする商品やサービスがある場合、PR活動(広報活動)を継続的におこなうことで商品やサービスが番組内で取り上げられるようアプローチをかけることもできます。

参考までに価格表をご案内します。
無綫電視 TVBの価格表

亞州電視 ATVの価格表

テレビCMをご検討の方は当社までお気軽にご連絡ください。
広告・PR詳細とFAQ
広告・プロモーション(PR) お申し込み・お問合せ
メールアドレス