オフショア法人を活用すると節税できますか?

オフショア法人を活用しても必ずしも節税ができるとは限りません。

オフショア法人で有名な地域の多くはタックスヘイブン(租税回避地)にあるため、現地での法人税は掛かりません。しかし、日本やアメリカの主要国では「タックスヘイブン対策税制」を設けているため、その国々の居住者は簡単に租税回避ができない仕組みとなっています。

もともとオフショア法人は、株主や役員開示を行わない秘匿性の利点を活用し、資産運用管理やトラスト(信託)などで利用されてきました。そのような方にとっては、相続税の節税ができる利点があるかもしれません。

詳しくは現地の弁護士や税理士等の税務の専門家にご確認ください。

ご不明な点などございましたら当社までお問合せください。
オフショア法人詳細とFAQ
オフショア法人設立 お申し込み・お問合せ
メールアドレス