オフショア法人を第三者に譲りたい

オフショア法人を第三者に譲ることは可能です。

譲渡する際は、株主譲渡契約と役員変更を行います。

加えて、銀行への届出と銀行の登録署名者の変更を行います。変更届出の際に銀行が再審査を行いますので、購入される方は英語で事業内容等を銀行に説明する必要があります。

また、オフショア法人を譲り受ける方は、その法人の未払金や契約書などの状況を事前に確認はもちろのこと、将来発生しうる偶発債務を回避するための契約書を締結する必要があります。また、経済活動のないオフショア法人であっても、罰金を滞納している可能性があるため確認が必要です。

オフショア法人の口座開設が年々厳しくなっているため、銀行口座付きのオフショア法人のニーズが少なからずあります。しかし、銀行手続きが受け付けられない事例も幾つか発生しているため、事前にそのようなリスクを確認する必要があります。

ご不明な点などございましたら当社までお問合せください。
オフショア法人詳細とFAQ
オフショア法人設立 お申し込み・お問合せ
メールアドレス