暴風雨警報(シグナル警報)への対応

香港では1年間に何度か、暴風雨警報(シグナル警報)が発令されます。

台風は「シグナル1・3・8・9・10」、大雨は「イエロー、レッド、ブラックレイン」で強さがあらわされます。

暴風雨警報(シグナル警報)への対応は、雇用条例では定められていませんが、殆どの会社が労働局が発行しているガイドラインに従います。以下を参考に暴風雨警報への対応をお考えください。

始業時刻前の警報対応について

一般的な会社では、台風の場合「シグナル8以上」、大雨の場合「ブラックレイン」が発令された時点で従業員に自宅待機を呼びかけます。警報レベルが下がり次第、従業員に2時間以内に出社するよう連絡します。
終業時刻の3時間前までに警戒レベルが下がらなかった場合は休暇とする会社が多いようです。
なお、従業員が暴風雨警報により就労不可となった場合、賃金やその他手当を差し引いてはなりません。

就業時間中の警報対応について

就業時間中にシグナル8が発令された場合は、段階的に従業員を帰宅させることが一般的です。
ブラックレインが発令された場合においては、従業員を安全な場所に待機させてください。

また、暴風雨警報による事故やケガには労災保険が適用されます。

なお、従業員が暴風雨警報により就労不可となった場合、賃金やその他手当を差し引いてはなりません。

注意事項として

暴風雨警報が発令された場合、学校、役所、金融機関の停止はもちろんのこと、フェリー、タクシー、バスなどの公共交通機関の一部も停止します。よって暴風雨警報中でも就業が必要な会社においては、暴風雨警報の社内規程整備はもちろん、従業員への事前通知も大切となります。

不明な点がありましたら、いつでも当社にご連絡ください。
人事労務管理での良くある質問(FAQ)
人事労務管理 お申し込み・お問合せ
メールアドレス