年末手当(ダブルペイ)について

年末手当(ダブルペイ)とは、旧正月前に1ヶ月分の給与を支払うという香港の古くからの慣習です。
ダブルペイを支払う企業は、雇用契約書に算定期間、金額、支給日を記載する必要があります。

過去においてダブルペイは半強制的な慣習でしたが、現在はダブルペイ制度を採用せずにボーナス制度を採用する企業も増えてきました。

一方ボーナス(賞与)の場合は、企業の業績や従業員の評価などにより自由裁量でボーナスを設定できます。従業員がダブルペイと混乱しないためにボーナス制度を採用する場合は、年度毎にボーナス金額を変動させることも一つの方法です。

算定期間内に途中入社した場合

入社日から試用期間を差し引いた勤務期間に対し、ダブルペイを支払います。

会社都合で退職した場合

会社都合で退職となった場合は、退職日までのダブルペイ支給額を計算し支払をします。

自己都合や懲戒解雇の場合

ダブルペイの支払いは不要となる。

不明な点がありましたら、いつでも当社にご連絡ください。
人事労務管理での良くある質問(FAQ)
人事労務管理 お申し込み・お問合せ
メールアドレス