雇用契約の基礎項目

雇用契約とは、口頭や書面によって雇用主と従業員の間で合意された雇用条件のことを言いますが、トラブル防止の為に口頭での契約は避け、必ず書面で契約を交わすようにします。
契約内容の変更が必要な場合も必ず書面にて従業員へ通知をおこなうようにしてください。
もし、雇用主が雇用契約に違反した場合は、罰金または禁固刑となる場合がありますのでご注意ください。

雇用契約における最低限の合意項目(香港の雇用条例第二章より)

1.賃金(手当や残業代などを含む)
2.賃金の支給期間
3.契約終了における前通知期間(通常1ヶ月前)

4.年末給付(ダブルペイ)の有無と詳細

最低限の合意項目は上記ですが、一般的には更に詳細な雇用契約書を従業員と結びます。

詳しくは、雇用契約書の締結についてをご参照ください。

ご不明な点がありましたら、いつでも当社までご連絡ください。
人事労務管理での良くある質問(FAQ)
人事労務管理 お申し込み・お問合せ
メールアドレス