暴力・脅迫・恐喝・民事介入暴力

暴力、脅迫、恐喝行為を受けた場合や受けそうな場合は、警察へご相談ください。

相談の際は、できる限りの情報や証拠収集をおこなうことが大切ですが、証拠がない場合でも被害者の訴えに信憑性があるかが争点となります。必要に応じて弁護士への相談もご検討ください。また、被害者は加害者に対して恐怖心を抱いているため、警察や弁護士からの心情に配慮した対応が受けられると思います。

また、暴力、脅迫、恐喝行為に対する罪が認められた場合は、循簡易程序(略式起訴)であっても2,000香港ドルおよび2年以下の禁固刑、公訴の場合は5年以下の禁固刑となります。

民事介入暴力を受けた場合や受けそうな場合も同様に、情報や証拠収集をおこない警察と弁護士へ相談することをお勧めします。民事介入暴力とは、簡単に言えば民事事件の相手に対して「暴力、脅迫、迷惑行為」により屈服させようとする行為のことをいいます。マフィア(暴力団)に限定されず、一般人でも執拗以上の電話や脅迫行為があれば民事介入暴力事件として取り扱われます。

相談を受けた弁護士は、加害者への通知文や交渉などにより問題解決に取り組みます。それでも解決に至らない場合は、裁判所への処分申し立てや訴訟提起といった対応が可能となります。

最適な弁護士をお探しの方は、いつでも当社までお問い合わせください。
弁護士紹介の詳細とFAQ
弁護士紹介 お申し込み・お問合せ
メールアドレス