民事訴訟に掛かる費用と流れ

訴訟には想像以上の時間と体力が必要です。まずは和解等の解決方法がないかをお考えください。

訴訟に必要となる費用は主に「訴訟費用と弁護士費用」となり、訴訟費用は内容によりますが高等法院(高等裁判所)でも1万ドル程度となります。弁護士費用は依頼弁護士によっても大きく異なりますが、長期的な相談が想定されるため、リーズナブルな弁護士でも大きな費用負担となることが考えられます。

一般的な民事訴訟の流れ

1.訴訟提起の準備 - 証拠の収集や勝訴の見込みなどを検討します。
2.訴状の提出   - 原告人が訴状を裁判所に提出し、裁判所によるチェックがおこなわれます。
3.召喚状の発行  - 裁判所が被告人に対して召喚状を発行します。
4.召喚状の確認  - 召喚状受取り後、14日以内に被告人は裁判所に確認書を提出します。(※1)
5.最終意思表明  - 和解が成立しない場合、裁判への最終意思表明を裁判所に対し提出します。
6.裁判日の決定  - 裁判所より裁判日時についての通知が届きます。
7.裁判      - 弁護士、原告人、被告人、証人(いる場合)と共に出廷します。

8.控訴      - 判決に不服がある場合、裁判所に控訴申請を行い、控訴します。

(※)確認書を提出しなければ、原告人の言い分を全面的に認めたとして判決が下されます。また、訴状内容に意見がある場合は、被告人は確認書提出から28日以内に反訴状を裁判所に提出することができます。

最適な弁護士をお探しの方は、いつでも当社までお問い合わせください。
弁護士紹介の詳細とFAQ
弁護士紹介 お申し込み・お問合せ
メールアドレス