香港裁判所の概要

香港では、日本同様に三審制となっており、各裁判所は以下の通りとなります。

主な裁判所

終審法院(最高裁判所)は、裁判判決の最終決定機関です。
高等法院(高等裁判所)は、民事訴訟額が100万香港ドル以上の案件、及び刑事事件を扱います。
区域法院(地方裁判所)は、民事訴訟額が5万香港ドルから100万香港ドルの案件、及び刑事事件を扱います。
裁判法院(簡易裁判所)は、重大な刑事事件以外の、ほとんどの刑事事件の一審が行われています。
少額裁判所(少額債務裁判所)は、民事訴訟額が5万香港ドル以下の案件を扱います。

その他の裁判所

・労資裁判所(労務裁判所)は、給与の未払い、解雇時の退職金トラブルなどの労務問題を扱います。
・家事法庭(家庭裁判所)は、離婚および離婚に関連する事項(財産分与、養育費等)を扱います。
・少年法庭(少年裁判所)は、16歳以下の少年犯罪を扱います。
・土地裁判所は、建物管理の争議、土地回収の賠償争議、家賃未払いなどの土地や不動産問題を扱います。
・猥褻物審査所は、映画や放送番組にある不適切な表現を判断します。

・死因裁判法庭は、死体解剖による死因解明を行います。

ご不明な点がありましたらご連絡ください。
弁護士紹介の詳細とFAQ
弁護士紹介 お申し込み・お問合せ
メールアドレス