消費者問題

消費者問題では、企業側と消費者側の視点により対応が異なります。

消費者側の視点

企業の商品やサービスに不満がある場合、まずは企業やショップへ直接連絡をして対応を待ちましょう。

商品やサービスにより保証期間等が設けられている場合がありますので、保証期間内であれば要求に応じた対応が受けられる場合があります。

それでも問題改善・解決がされず、明らかに企業側に責任があると判断する場合は、消費者委員会へ相談をする方法もありあす。消費者委員会は香港政府が支援する機関であり、相談をおこなった後は関連部署との連携を図りながら問題解決に努めてくれます。

消費者委員会のホームページは以下となり、書面、電話、FAXやWEB上で相談が可能です。
http://www.consumer.org.hk/website/ws_en/

企業側の視点

消費者からのクレーム代表的例には「誇大広告、押し売り、商品不達、粗悪品」などが挙げられます。

クレームは消費者本人から直接届く場合と、消費者委員会から連絡が入る場合が考えられますが、どちらの場合であっても、詳細確認や契約内容や保証内容などの確認を冷静且つ丁寧におこなう必要があります。

万が一消費者の訴えが理不尽である場合は、ご自身では対応せずに弁護士へ相談することを推奨します。ご自身で対応をおこなうことで、本来の業務に集中できなくなる可能性があります。

最適な弁護士をお探しの方は、いつでも当社までお問い合わせください。
弁護士紹介の詳細とFAQ
弁護士紹介 お申し込み・お問合せ
メールアドレス