相続問題

香港には相続税はないものの、遺産の分配での揉め事が頻繁におこなっており、香港人の富裕層と結婚した日本人もこのようなトラブルに巻き込まれることがあります。

遺産相続問題では、遺言書が非常に重要であり、遺言書が残っている場合でも家族や兄弟などから内容に不服があるとして相続問題が解決しない場合が多くあります。このようなトラブルを回避するためにも、遺言書を残す際には書類不備や情報不足が無いように、弁護士を通じて遺言書を準備することが大切です。

香港にも相続問題に強い弁護士がいますので当社にお問合せいただければご紹介いたします。

また、弁護士との通訳や翻訳が必要な場合は、当社にて通訳・翻訳サポートをおこなうこともできます。

最適な弁護士をお探しの方は、いつでも当社までお問い合わせください。
弁護士紹介の詳細とFAQ
弁護士紹介 お申し込み・お問合せ
メールアドレス