日本人採用時のビザについて

香港で日本人が就労するためには、「就労ビザ、扶養家族ビザ、パーマネントID、投資移民ビザ」のいずれかのビザが必要であり、適正なビザを持たずに就労すると雇用主、従業員共に罰金等の刑罰が課せられる可能性がありますので、採用前のビザ確認は非常に重要です。

就労ビザ保有者が転職をおこなう場合、イミグレーションで「現在のスポンサー会社」から「転職先のスポンサー会社」へのスポンサー変更申請をおこない、新たな就労ビザを取得しなければなりません。新規ビザ取得に比べ、比較的容易にビザ取得ができますが、100%ビザが取得ができる保証はありませんので、ビザ戦略を慎重に考えた上でスポンサー変更手続きをおこう事が大切です。

扶養家族ビザ、パーマネントID、投資移民ビザの保有者については、スポンサーチェンジ手続きが不要です。

ビザ取得についてはビザ取得(VISA)ページに詳しく記載しておりますので是非ご覧ください。

ご不明な点がございましたら、いつでも当社までご連絡ください。
人材紹介・募集の詳細とFAQ
人材紹介 お申し込み・お問合せ
メールアドレス