香港での現金持ち出しと持ち込み

香港での「現金の持ち出し、持ち込み」の制限は特にありません。

ただし、香港入国前の国や、出国先の国で、持ち出しや持ち込みの制限が設けられている場合があるため、大金や高額なものの持ち込みや持ち出しの際、該当国の制度を事前にご確認ください。

日本では「現金・小切手・約束手形・証券」の合計が100万円相当を超える場合、関税に対し「支払手段等の携帯輸出・輸入申告書」を提出する必要があります。

また、昨今のマネーロンダリングの規制強化により、香港の銀行で多額の現金を入金する場合は、入金する現金についての書類や経緯などを銀行より確認を求められる場合があります。

詳しくは「日本での現金持ち出しと持ち込み」ページをご覧ください。

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
生命保険・海外投資での良くある質問(FAQ)
生命保険・海外投資 お申し込み・お問合せ
メールアドレス