オフショア投資とは

オフショア投資とは、一般的には「海外での金融投資」のことを指しますが、特に「税金が低い・税金がない国や地域での金融投資」の意味で使われています。

香港は、有価証券や不動産のキャピタルゲイン(譲渡益)が非課税であり、世界的に有名なオフショア地域の一つです。ニューヨーク、ロンドンに並ぶ世界三大金融センターとしても位置付けられており、世界最高峰の金融サービスを受けられる地域としても有名です。

また、香港を含むオフショア地域では税金が優遇されていることから、多くの金融機関や投資家などが商品組成や金融投資をおこない優良な投資商品が生みだされています。そして、これらの投資商品は金融と経済の自由化が発達している香港などを中心に販売され、日本人を含めた世界中の方々が投資商品を購入していきます。

特に、香港にある貯蓄型の生命保険は、保証利回りが日本の2倍程度となることが殆どであり大変魅力的です。

高利回りの理由には、保険会社の経費(営業経費、法人税等)が日本よりも格段に低いことがあげられます。

なお、投資に対する利益の課税は「投資商品の購入国(地域)」と「投資家の居住国や国籍」の税制に従います。日本居住者が、香港で一般的な投資商品を購入しキャピタルゲイン(譲渡益)が発生した場合は、香港では非課税ですが、日本では税務申告が必要です。詳しくは居住国の税理士にお問い合わせください。

当社では、皆様の投資スタイルに合わせたオフショア投資先をご案内することが可能です。
オフショア投資にご興味のある方は、是非当社にお問合せください。
生命保険・海外投資での良くある質問(FAQ)
生命保険・海外投資 お申し込み・お問合せ
メールアドレス