銀聯(ユニオンペイ)、EPS(易辦事)とは

銀聯(ぎんれん・UnionPay・ユニオンペイ)やEPS(易辦事)とは、ご自分の銀行預金口座と紐付けされている決済システムのことです。

HSBC銀行で口座開設をすると自動的に銀聯とEPSの決済システムが利用できるようになり、銀聯やEPSの加盟店でATMカードを使用して暗証番号(PINナンバー)を入力することで買い物をしたり、銀聯マークの表示があるATM機械での現金の引き出しが可能となります。

銀聯は中国のオンライン決済システムですが、中国以外の国々でも幅広く普及しているため、銀聯の加盟店であれば世界中で決済システムを利用することができます。日本では、有名百貨店やホテル、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店、国際空港の免税店などで利用ができ、銀聯マークが表示されているATM機械であればHSBC銀行のATMカードを利用して現金の引き出しもおこなえます。

EPS(易辦事)も同様の決済システムですが、EPSは香港のみで普及している決済システムであるため、香港内での利用に限られるという点が銀聯とは異なります。

なお、HSBC銀行では銀聯とEPSの利用時の決済手数料を徴収していません。しかし、通貨の異なる国で利用した場合は為替の両替手数料がかかります。

ご利用の店舗により、決済手数料を設定している場合もありますので、利用時には各店舗に決済手数料を尋ねると良いでしょう。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
HSBC個人口座詳細とFAQ
HSBC銀行 個人口座開設 お申し込み・お問合せ
メールアドレス