ベーシックセービング口座(Basic Saving account)とは

ベーシックセービング口座(Basic Saving account)、旧スマートバンテージ口座(SmartVantage)とは、日本人が最も多く保有する個人口座であり、HSBC銀行の中で最もグレードの低い口座でもあります。

この口座は、口座残高の3か月平均が5,000香港ドルを満たしていれば口座維持の手数料がかかりません。
しかし、5,000香港ドル以下になると、毎月50香港ドルの手数料が徴収されます。

香港に住所がない方はHSBCの銀行員からアドバンス以上の口座開設を求められますが、3ヶ月後にダウングレード申請をおこなうことでベーシックセービング口座(Basic Saving account)に変更が可能です。

ベーシックセービング口座のデメリットをあげると、入金時にベーシックセービング口座用の入金カウンターに並ばなければならないことです。タイミングが悪ければ1時間近く待つ場合があります。

アドバンス口座やプレミア口座は、各口座専用の入金カウンターが利用できますので、ベーシックセービング口座に比べて、素早く入金処理がおこなえます。

HSBC銀行の口座選択でお悩みの場合は当社スタッフがアドバイスが致しますのでお気軽にご相談ください。

その他、不明な点も当社までお問合せください。
HSBC個人口座詳細とFAQ
HSBC銀行 個人口座開設 お申し込み・お問合せ
メールアドレス