W3C勧告に準拠したコーディングとは

W3Cとは、World Wide Web Consortiumの略で、Web技術の標準化と推進を目的とした、会員制の国際的な産学官共同コンソーシアムです。簡単にいえばホームページの言語や標準規格を決めている非営利団体で、日本の慶應義塾大学がホスト機関として共同運営していることでも有名です。

そして、W3Cに準拠したコーディングとは、W3Cの勧告に沿ってコーディングされたホームページのことをいい、この勧告基準をクリアしているホームページは全世界でわずか7%と言われています。ホームページの導入システムによっては、W3Cに準拠できないものもありますが、当社ではできる限りW3Cの勧告に基づいてホームページを完成できるように努めています。

ホームページ制作のことなら当社にお任せください。
ホームページ制作の詳細とFAQ
ホームページ制作 お申し込み・お問合せ
メールアドレス