接客マニュアルの作成

日本と香港では商習慣が大きく異なるため、展示会での接客マニュアルの作成は非常に大切です。
香港人に提示する接客マニュアルはできる限り簡単な内容で作成するように心掛けてください。

接客マニュアルに記載すべき基礎項目

日本の常識は、香港の常識とは限らないため「笑顔で対応する、挨拶をする、お客様の導線を邪魔しない」など、最も基礎的な内容も、接客マニュアルに記載することをお勧めします。
また、服装においてもフォーマルな服装を希望する場合は、その旨を記載する必要があります。

接客マニュアルに記載すべき接客ルール

お客様がブースに興味を持ったと感じた場合は、商品のポイントやキャッチフレーズを短く伝える。
質問等を受けた場合は、担当者の名刺を添付して資料を渡す、またはデモンストレーションをおこなう。

取引交渉の場面では、日本人スタッフに声をかけ、通訳として交渉に参加する

上記は一つの例ですが、接客ルールも簡単であることが望ましいと言えます。

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。
展示会・イベントの詳細とFAQ
展示会・イベント お申し込み・お問合せ
メールアドレス