株主を日本法人とする場合の必要書類

株主が日本法人を設立する際に、一般的に以下の書類と情報が必要となります。

・商業登記簿謄本の原本と英語訳
・日本法人の代表者のパスポートコピー
・香港法人の役員のパスポートコピーと住所証明(国際運転免許書等)

商業登記簿謄本

商業登記簿謄本は、現在事項前証明書の原本と英語翻訳版を用意する必要があります。英語翻訳版は公的認証を受ける必要があるため、日本であれば公証人役場、香港であればソリシター(弁護士)やCPA(公認会計士)より認証を受けるのが一般的です。当社でも別途費用で翻訳サービスを行っております。

銀行口座開設時の注意点

銀行により必要書類が異なりますが、一般的には、香港法人の子会社等を含め10%相当以上の株式保有をしている株主のパスポートと住所証明書(国際運転免許証等)のコピーの提出が求められます。銀行の規則により要求される書類や株主開示条件は突然変更となるため、法人設立時に確認することをお勧め致します。

法人株主で口座開設をする場合、必要な書類が増え、手続きも繁雑になります。そのため、お急ぎの方は個人株主で法人設立を行い、口座開設後に法人へ株式譲渡するケースもあります。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
香港会社詳細とFAQ
香港会社設立 お申し込み・お問合せ
メールアドレス