事業目的について

定款上で事業目的を制限しない限り、香港会社では基本的にどのような事業も行えます。
但し、Busuness Registration(商業登記証)には主な業務を記載する必要があるため、会社設立の際には事業目的が必要となります。飲食業や医療関係、金融業などの一部事業にはライセンス(許可)が必要な事業もありますので、その場合は会社設立後にライセンス取得が必要となります。

事業を行うための一般的なライセンス例

飲食業

・General Restaurant License(飲食店営業許可証)
・Liquor License(アルコール提供許可証)

金融業(IFAが取得するライセンス)

SFCライセンス(香港証券先物委員会)
CIBライセンス(香港保険顧問協会)
PIBAライセンス(香港保険業協会)

不動産業

Estate Agency Authorityの営業許可証(取締役がEAQE試験を合格していること)
ライセンス取得でお困りの際は当社にて調査し、ご案内も可能ですのでお問い合わせください。
香港会社詳細とFAQ
香港会社設立 お申し込み・お問合せ
メールアドレス