商標登録の対象となるもの

一般的に、商標登録の対象となるものは、商品やサービスにつける「マーク」となります。

(近年は商品の香りなども、文字で表現をすることで商標申請が可能となりました。)

マークとは、文字、図形、立体的形状、また、これらの組み合わせであり、ロゴやキャラクターも含まれます。

色彩の重要度が高い商標は、色番号を指定してカラー登録をおこなうこともできます。

商標審査では、申請商標に特別性があるのか、提供する商品やサービスを表しているか、などが求められます。例えば、特別性のない日常的な用語(例:Fresh and New)、単純にサービス内容を表したもの(Telecomや電気通信)、地名を含むもの(TOKYO FASHION)などは商標登録ができない可能性が高く、商標審査が通った場合でも、第三者からの異議申し立てを受ける可能性が考えられます。

商標申請は慎重におこなう事をお勧めします。
お困りの際は、商標の専門家や当社までご相談ください。
商標登録の詳細とFAQ
商標登録 お申し込み・お問合せ
メールアドレス