小切手の使い方(チェックの書き方)

小切手とは、振出人が支払人(銀行)にあてて、受取人に一定額の支払を委託する有価証券です。
香港ビジネスでは、すぐに現金化できる小切手が頻繁に使われます。日本のような月末締めや翌月払いなどの「売掛け・買掛け」は殆どなく、基本的に現金払い「C.O.D(Cash On Delivery)」取引が一般的といえます。
HSBCの小切手(チェック)は、香港以外の海外でも使用できます。
※「小切手」と「チェック(Cheque)」は同じ意味です。

小切手取引の簡単な流れ

「振出人A」から「受取人B」へ小切手(チェック)で支払う場合の例として、簡単な流れをご案内します。

1.Aは、HSBCで受取った小切手帳を用意する。
2.Aは、B宛てに、小切手を記入する。
3.Aは、Bに小切手を渡す。
4.Bは、Aより取得した小切手を持ち銀行に行く。
5.Bは、銀行ATM(Cheque機械)または窓口で支払額を反映させる。

6.入金を確認して終了。

※ 詳細 → 小切手(チェック)での支払方法

※ 詳細 → 小切手(チェック)受取後の入金方法

ご不明な点など御座いましたらお問合せください。
HSBC法人口座詳細とFAQ
HSBC銀行法人口座開設 お申し込み・お問合せ
メールアドレス