現金主義、発生主義とは何ですか?

経理会計では「現金主義」と「発生主義」という言葉が頻繁に使用されます。
現金主義・発生主義とは、記帳をする際に必要な会計原則のことであり以下のような考え方になります。

現金主義とは

費用・収入などの現金の動きをベースに記帳をおこなう会計概念のことです。
基本的に銀行口座の入出金を元に記帳をおこないます。

発生主義とは

現金の動きとは関係なく、請求書や領収書などの発生日をベースに記帳をおこなう会計概念のことです。

当社の記帳代行サービスは、基本的に現金主義での記帳となりますが、売掛・買掛金がある方や棚卸資産などがある方においては、各種資料を提供いただければ、決算時に発生主義で記帳することも可能です。

ご不明な点は、お気軽に当社までお問合せください。
経理・会計監査での良くある質問(FAQ)
経理・会計監査 お申し込み・お問合せ
メールアドレス