個人所得税申告と納税の流れ

香港では源泉徴収制度がないため、個人所得税対象者は確定申告(税務申告)を行う必要があります。
5月頃に従業員の指定住所宛てに税務申告書が届きますので、必要箇所を記入し申告をおこなって下さい。
申告後は8月~11月に従業員の指定住所宛てに納税通知書が届きます。

納税通知書に記載されている期日までに個人所得税を納めることで納税が完了となります。

納税後の領収書は支払い証明書になりますので、必ず保管することをお勧めします。

インターネット経由での所得税申告

eTAX制度を利用することで、インターネット上での所得税申告が可能となりました。

英語および税務知識がある方は、以下URLの「Apply for eTAX Password」ボタンよりお進みください。

https://etax13.ird.gov.hk/ird/login/jsp/LandingPage.jsp

納税期日についての詳細

香港では2回に分けて納税ができます。(支払期限や支払金額は決められている)
一般的には、翌年1月までに納税額の75%を支払い、残り25%を同年4月までに支払うこととなります。
ただし、人によって支払期限が異なるため、届いた納税通知書に従ってお支払い下さい。
所得税は、小切手、銀行送金、郵便局、ATM、コンビニ(上限5,000香港ドル)などで支払うことができます。

納税通知書サンプル

納税通知書とは以下のような用紙です。
納税通知書
個人所得申告でお困りの方は、当社の個人所得税申告サービスをご利用ください。
経理・会計監査での良くある質問(FAQ)
経理・会計監査 お申し込み・お問合せ
メールアドレス