経理から会計監査までの流れ

経理(記帳)から会計監査までの流れは以下をご参照ください。

1.仕訳・記帳業務 - 日々の口座の動き、売上、仕入、売掛、買掛などの仕分作業とパソコンへの入力
2.財務諸表の作成 - 総勘定元帳、貸借対照表(BS)、損益計算書(PL)などの作成並びに詳細確認
3.会計監査の準備 - 決算期全ての財務諸表と、関係書類一式とデータを会計事務所に提出
4.会計監査    - 監査人の指示により、不足書類の提出、監査修正などを行う
5.会計監査終了  - 監査報告書が作成され、詳細を確認後、サインをする

6.税務申告    - 監査済み決算書をもとに税務申告書を作成します

会計監査をおこなうためには、会社決算月までの経理(記帳)を完了させる必要があります。
そのため、決算月に入り次第、会計監査をおこなうための準備に取り掛かることをお勧めします。

経理にお困りの際は、当社の記帳代行サービスをご利用ください。

注意点として、会計監査が完了しなければ法人税の申告ができません。

法人税の申告が遅れると、税務局よりペナルティが課せられる可能性があります。

ご不明な点がございましたら、当社にお気軽にお問合せください。
経理・会計監査での良くある質問(FAQ)
経理・会計監査 お申し込み・お問合せ
メールアドレス